費用と歴史

家具の修理にかかる費用とは

家具の修理に必要な費用はおおよそ20000円〜100000円ほどですが、どの程度劣化しているのか、破損状況などによっても大きく異なります。家具修理と言ってもその種類は様々で、ソファーなら張替え、机なら天板の塗装、棚なら棚板の補強や修繕などがあります。そのため家具修理と一言で言っても、家具修理の料金は大きく異なり、また修繕が必要な状況によっても大きな差がでてきます。それから、家具修理が必要になる家具の大半は大型家具であることが多く、運送費なども必要になります。1000円〜30000円程度の送料になることもあり、家具修理の値段はこうしたものも含めると平均的には50000円ほどですが、これもあくまで1つの目安と言えます。

家財の修繕のこれまでの歴史

日本人は古来から家具修理の技術が非常に高く、平安時代以前から家具修理の技術は高いものを誇っていたということが文献などによっても明らかになっています。基本的には木造であるため、ネジなどを使わずに修繕する方法に長けていたのです。明治時代を過ぎると、家具修理に対する需要が少しずつ低くなってきて、昭和期からは家具修理の利用率ががくんと下がります。その理由としては、修理をしなくても新しいものを安価な値段で購入できるようになったことが挙げられます。ですが近年は家具修理の技術がより高くなっていることもあり、家具を修理するだけでなく、使いやすいように作り変えたりリメイクするといった分野の方が発達している傾向にあります。