修理の歴史と今後

家具修理のこれまでの歴史

家具修理はこれまで長くに渡ってそのスキルを伸ばし続けています。1600年以上前からその歴史はあり、現在まで使用されている技法や木材、工具なども様々あるほど、非常にレベルの高い技術だったということがわかります。ですが、1800年〜1900年にかけては西洋家具も増えてきて、家具修理のスキルも少しずつ異なる技法が必要になってきたのです。とは言え、家具修理においても日本の職人の技は生かされており、かんななどを使って曲線を作る技法については西洋から修行に来る人もいたほどです。このようにして変遷は遂げながらも家具修理の歴史は続いてきて、今では修理だけを専門に行なっている業者よりは、家具などを販売しつつ修理もするというスタイルの業者が増えてきています。

家具の修繕の今後について

家具修理は今後、その需要こそ現在と同じほどでとどまるにせよ、多方面に展開していくようになるのではと見られています。その理由として、現代でも家具を大事に使う、1つのものを長く使うというスタイルが根付き始めていることが挙げられます。物を持たず、それほど多くないものを管理するというのは主流となりつつあるのです。ですから家具修理だけでなく、家具を今風に作り変えたり、塗装を変えることによって世代を変えて使い続けるという人も多くなってきています。そのため、家具修理はこれからもリメイクや家具の規格変更といったような形で利用されるようになるのではないかと見られているのです。インテリアショップなどと提携するような形も今後は登場するのではと専門家も予見しているほどです。